※画像をクリックすると拡大表示します。
タイトル 茨城の歌集 上
コメント
著者名 木村修康著 昭和初期からの歌集百余種(上巻)、64種の歌集と合同歌集18種(中巻)を採り上げ、各々その特色を把握し、作者の志向は何であったかを見極めようとする。特に流派に偏することなく公正な評論を展開し県歌壇史の系統的歌垂黷ェ最高の道であると説く⇔、漢文体で記した紀行文である。まだ無名の赤水が向学心と好奇心に満ち、科学する心に目覚めながら活動した様子や、儒学者としての姿を彷彿とさせる夢も語られている。
判型 四六判
ページ数
価格 1800円
この商品を購入する場合は右に数量を入力して購入ボタンをクリックして下さい。 数量
お支払い方法・ご注文に関しての注意事項はこちらをご確認ください。